宇都宮線で人身事故。高校生の学校や心情は?

JR宇都宮線で高校生がはねられ人身事故が発生しました。

事件の概要

4日午前6時35分ごろ、栃木県野木町野木のJR宇都宮線の線路上で、小金井発国府津行きの上り普通電車(15両編成)に男性がはねられ死亡した。亡くなったのは10代の高校生とみられ、県警小山署が身元などを確認している。

 同署によると、男性が線路脇のフェンスをくぐって電車に接触する様子が電車のカメラに映っていたという。

 この影響で、宇都宮線は上野-宇都宮間で約1時間10分にわたり上下線の運行を見合わせ、約1万2000人に影響が出た。

引用 毎日新聞

フェンスをくぐっていたことから急いでいた様子がうかがえます。
1万2000人に影響が出るほどなので運転再開までによほどの時間が
かかったことが予想されます。

スポンサーリンク



事故にあった高校生の学校は?

現在事故にあった高校生の名前も発表されていないことから
通っている学校などの情報は発表されていません。

こちらはわかり次第加筆させていただきます。

なぜフェンスをくぐってまで?高校生の心情は?

まず遅刻にたいして相当厳しい規則があったのかもしれません。
そのことから考えられるのは

・進学校に通っており、朝テストに間に合わないと罰則がある

・部活動の朝練でこちらも遅刻をすると厳しい罰則がある

・解禁賞を狙っており、真面目な高校生活を送っている学生だった

など推測されます。

高校生の身元からなにか部活関連の所持道具が見つかれば
ほぼ確定と見てよいでしょう。

焦って事故にあってしまった背景には
当人を精神的に追い詰める何かがあったのかもしれません。

スポンサーリンク



9月4日9時現在の運転状況

ネットの反応

スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク