大竹裕登容疑者の顔写真やFacebookは?凶悪な通り魔の過去の経歴は格闘技選手…?

東京 渋谷区本町の公園で連続傷害事件
が発生しました。

犯行を行った後に、別の男性に更にケガを
させるなど危険極まりない男性のようです。

スポンサーリンク



事件の概要

今月、東京 渋谷区の公園や路上で、会社員の男性2人が面識のない男から相次いで殴られるなどして重軽傷を負った事件で、23歳の男がこのうちの1人に対する傷害の容疑で逮捕されました。警視庁は、もう1人にも暴行したとみて調べています。

今月9日、東京 渋谷区本町の公園で、46歳の会社員の男性が近づいてきた男に突然、殴る蹴るの暴行を受け、顔の骨を折る大けがをしたほか、およそ15分後には500メートル離れた路上で、自転車に乗っていた47歳の会社員の男性が男に突然殴られ、軽いけがをしました。

被害者の男性はいずれも男と面識はなかったということです。

現場から立ち去った男の特徴がよく似ていたため、警視庁が連続傷害事件として捜査していましたが、防犯カメラの映像などから、近くの店で万引きしたとして逮捕された職業不詳の大竹裕登容疑者(23)が46歳の会社員の男性を暴行して大けがをさせたとして、傷害の疑いで逮捕しました。

警視庁は目撃情報などからもう1人の男性を殴ったのも大竹容疑者とみて捜査しています。

警視庁によりますと調べに対して「黙秘します」などと供述しているということです。

引用 NHKニュース

渋谷という都会、
人の目がつくところで
こんな恐ろしい事件が発生するとは…

しかも23歳とまだ若い男性、
力も相当強かったのでしょう。

しかも万引きまでやっていますね。
善悪の判断がもう効かなくなって
しまっているのでしょうか。

そうであれば残念です。

大竹容疑者のプロフィール

・氏名 大竹裕登(おおたけ ゆうと)

・年齢 23歳

・住所 不明

・職業 不明

・家族 独身の可能性大

大竹容疑者の顔写真やFacebookは?

大竹容疑者の顔画像はネットに公開されているのでしょうか
公開されていたので掲載いたします。

過去にスポーツをやっていたような
引き締まった印象がありますね。そうであれば筋肉がより他の男性より
しっかりしている分、暴力を受けた被害者が
大けがをするのも納得してしまいますね。

また大竹容疑者のFacebookアカウントをこちらで調査してみました。

こちらで調べたところ、大竹容疑者のアカウントを特定することが出来ませんでした。

そのため今回はその検索結果だけ紹介をするので、
もし気になる方がいればこちらから調べてみてください。

大竹容疑者のFacebookアカウントの検索結果はこちら

またこの内容はネットに公開され次第、加筆をさせていただきます。

事件現場

事件現場が渋谷区本町の公園ということで
調べてみました。

こちらの公園になります。

住宅街の近くなの
犯行もかなり目立ったものに
なると思われます。

目撃者はいなかったのかは
気になるところですね。

スポンサーリンク



大竹容疑者の過去(経歴)は?

連続傷害事件を行ったこと以外
詳しいことがわかっていない
大竹容疑者

彼は一体どんな人物なのでしょうか?

彼の顔写真や概要からわかることは

・絞っている顔つき、体をしている

・社会人1年目の年齢

・気性が激しそうな性格

この3つが挙げられます。

先程も記載した通り、顔つきから
過去に何かしらのスポーツを
経験している可能性は高そうです。

そして社会人の年齢だあるにも関わらず
職業不明であること

大学をでてから定職には
ついていなかったのでしょうか

それとも大学には
そもそも通っていたのでしょうか?

そして連続で犯行を行っていたことから
気性の激しそうな性格をしていそうですね。

学生の頃もなにか暴力沙汰を起こして
いたようにも考えられます。

考察にはなってしまいましたが
どれかは当てはまりそうな気がします。

新しいことがわかり次第
加筆させていただきます。

追記!過去は格闘技をしていた経験あり!?

新しい情報が入りました!

大竹容疑者はやはりスポーツを経験していた、
格闘技を過去にたしなんでいたとのこと。

名前も顔からも
本人である可能性が非常に高いとの
報告があります。

これほど鍛えられているのだから
大ケガするもの無理ありません。

そしてスポーツマンシップに
反する行為をしてしまったことを
残念に思います。

まとめ

連続傷害事件として
取り上げられていますが
万引きをおこなっていることも
忘れてはいけません。

年齢的にもまだ若いので
反省して今後は人生の
立て直しをしてほしいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク