奨学金が返済できない人が思いついた驚異の滞納方法!天才かこいつ…。

奨学金の返済を合法で6年間引き延ばしている
ことが問題視されています。

その驚異的な方法、そして
この問題をきっかけにどう対策が
なされていくでしょうか?

スポンサーリンク



問題の概要

「奨学金 裏技」でネット検索すると、多くのサイトがヒットする。サイトには「最後の手段」「違法でないのなら仕方がない」「奨学金返済なんてヘッチャラ」などの言葉が踊り、いずれも、通信制大学に籍を置いて返済を「猶予」するやり方が紹介されている。

九州地方に住む30代のフリーター男性は、私大在籍中に日本学生支援機構(JASSO)から有利子・無利子合わせ約700万円の奨学金を借りた。返済額は月約3万円だが、約6年間返済していない。今はアルバイトの傍ら、資格取得の勉強に精を出す。月収約15万円での生活はギリギリで「借りた金を返すのは筋だが、返済すると生活できない。『裏技』は自衛の手段。違法ではないので、利用している」と話す。

引用 YAHOOニュース

学生から社会人になったら奨学金は返すもの。

しかしずっと学生のままであれば返さなくてもよいという
日本学生支援機構のルールに則った延滞方法です。

確かに違法ではないのでなかなか注意出来ないのが
もどかしいですね。

解決するのが難しい話題ですね。

特定の大学にいたほうが月々の返済額より安い!?

JASSOには、大学などに在学中は返済が猶予される制度があり、男性は私大卒業後、通信制大学に在籍することで返済を猶予されている。通信制大学の学費は、入学金と授業料を合わせても年数万円程度で、返済額より大幅に安い。在学期限は10年までだが、「生涯学習」をうたう同大は何度でも再入学が認められている。一般の大学と異なり、単位取得が在学の必須条件ではない。

JASSOの規定には、本人が死亡した場合、返済が免除される条項もあり、籍を置き続ければ、最終的には奨学金が免除される。

「裏技」の指南サイトについて、JASSOの内部には、問題視する声もあるという。

引用 YAHOOニュース

確かに年間数万円であれば利用しない手はない
と考えてしまうのは無理ないでしょう。

日本学生支援機構といえど
迷惑なので大学を退学してください
とは言えないですしね。

ルールを改善したら利用者が減ることも
視野に入れなければなりません。

変えるにも変えずらい。
全ての人にとって最善策が
ないというのが現状かもしれません。

スポンサーリンク



その通信制大学とはどこなのか?

その大学とは
放送大学であることがわかりました。

以下その具体的な方法を
記載されいているサイトを見つけることが
できました。

金額はどれだけお得になる?具体的な方法は?

毎年、全科履修生としての「在学届」を自分の所属している学習センターに出す

注意しないといけないのは科目登録申請と学費納入を4学期、つまり2年間行われないと除籍となる。*2

10年に一度の入学金と、2年に一度の科目登録が主な費用になる。

入学金は全科履修生で24,000円

科目登録はコストの安い面接授業が5,500円

2,4000 + 5,500 × 5 = 5,1500

10年返済を猶予されるために5,1500円のコスト

対して奨学金の返還額

二種奨学金12万円を48ヶ月借りるとして元本5,760,000円

利子はここ最近で最も低い固定金利が0.16%*3

24,402円を20年間240回返し続け総支払額は5,857,437円*4

利子は20年間で 9,7437円

5,1500 × 2 – 9,7137 = 5,863

20年間で利子分まるまる得は出来ず5,863円のコストがかかる

それでも20年間毎月の24,405円増えると生活費が生活苦はだいぶましになる

これを死ぬまで続ければ踏み倒しは完了*5

引用 放大メモ

この死ぬまで踏み倒し続けるというのは
ある意味根性が試されていますね。

一生踏み続ける覚悟も
相当必要でしょう。

他の人に堂々と説明できるもの
ではないですよね

でも生きるためには仕方ない…。
そう割り切るしかないのでしょうか?

この問題は本当に解決するのか
ますます疑問になってきました。

スポンサーリンク



奨学金が返せない理由とは

奨学金について返すのがどれだけ大変かについて
語っている動画がありました。

そう…。奨学金を返すだけだったらよい…。
けれど給料には

生活費、年金など生きていくために必要な
お金しかないのがほとんどのケースです。

新社会人なら尚更だと思います。
贅沢なんてしていないのになぜ…。

と理不尽を感じることもあります。

自分の意志で借りたのはわかっている、
しかし返済を始めてみないと
その大変さが実感できないのです。

奨学金とはなんなのか、
改めてその意味を考える
時期になったのかもしれません。

スポンサーリンク



まとめ

この問題が根本から解決するのは
かなり先になるでしょう。

奨学金を借りらずとも
大学に行けてる人達は。

親に感謝してください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク