藤本理稀くん行方不明。原因は事故?誘拐?

山口県周防大島町で2歳の男の子藤本理稀くんが行方不明になっている事件です。

スポンサーリンク



事件の概要

行方が分からなくなっているのは、山口県防府市の藤本理稀ちゃんです。13日が2歳の誕生日です。警察によりますと、理稀ちゃんは家族5人で周防大島町にある親戚の家に帰省中でした。12日午前10時半ごろ、祖父と3歳の兄とともに近くの浜辺に歩いて向かっていた途中、ぐずって1人で引き返し、行方不明になりました。祖父と別れた場所から親戚の家までの距離は100メートルほどです。母親が後から祖父に合流しましたが、別の道を通っていて、理稀ちゃんと会わなかったということです。警察や消防などが捜索を続けています。

引用 YAHOOニュース

引き返すときに止めてあげなかったのでしょうか?
距離が100メートルとそこまで離れていなかったことから油断してしまったように見えます。

藤本理稀くんについて

山口県周防大島町で行方不明の2歳児・藤本理稀くんの画像

引用 NNN

氏名 藤本理稀(ふじもと よしき)

生年月日 2016年8月13日

年齢 2歳

住所 山口県防府市

家族構成 父親、母親、3歳兄、本人

藤本理稀くんの特徴について

長袖のシャツに緑色で星柄が入った海水パンツを着用、水色のサンダルだそうです。

スポンサーリンク



現場の地図

現場の地図を貼りましたが視界はかなり良いことがわかります。
それが故、なぜ行方不明になったのかが疑問です。

現在警察が約140人かけて調査をしているそうですが
手掛かりがまるで掴めていないそうです。

もしかしたら海で溺れてしまい亡くなってしまったのでは…?
と考えましたが海水浴に行く途中に嫌だと言って一人で引き返した様子なので
可能性は薄いと感じます。

誘拐はこれだけ視界の良い場所であることからすぐ見つかってしまうリスクが
高いのでその線もないと考えてよいでしょう。

山に囲まれている立地のため田んぼや池で遊んで流されてしまった可能性が
濃厚かもしれません。

一刻も早く見つかることを願っています。

ネットの反応

ネットの反応を見る限り祖父の態度や行動に対しての批判が多いように見受けられます。
確かに血のつながった家族に対して他人事のような
態度というのはよろしいものではありませんね。

一刻も早く見つかることを願っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする