森典子容疑者の顔写真は?介護疲れに夫を殺害か!?

岡山県井原市で夫を殺害する事件が
発生しました。

近所からは『いい夫婦』と評価も良かった
2人の間で一体何があったのでしょうか?

スポンサーリンク



事件の概要

16日夜、岡山県井原市で74歳の夫を自宅の風呂場の浴槽に沈めて殺したとして、71歳の妻が逮捕されました。「疲れた」と話しています。

殺人の疑いで逮捕されたのは、井原市井原町の無職・森典子容疑者(71)です。

警察によりますと、森容疑者は15日午後9時ごろ、夫の岑生さん(74)を自宅の浴槽に押さえつけ、水没させ殺害した疑いがもたれています。

16日、岑生さんが利用しているデイサービスの職員が、浴槽の中で死亡している岑生さんを発見し、通報しました。

「ご主人はデイサービスに通っていた。奥さんは付き添いで行っていたけど・・・」(近くの人)

「いい奥さんでした。ご主人もよかった。おとなしい人です、2人とも」(近くの人)

森容疑者は岑生さんと2人暮らしで、岑生さんは、介護が必要な状態が続いていたということです。

調べに対して森容疑者は、「私が殺したことに間違いない」と容疑を認めたうえで、「疲れた」などと話しているということです。

引用 TBS

介護疲れの殺人は一定数
起こってしまう事実は一向に
減る余地がありませんね…。

一時の感情で殺人に発展してしまうで
介護の疲労はすさまじいものなのでしょう。

国がテコ入れしないと
介護関係の殺人は減らないと思います。

森容疑者のプロフィール

・氏名 森典子(もり のりこ)

・年齢 71歳

・住所 岡山県井原市井原町

・職業 無職

退職もされて年金暮らしで
生活していると思われます。

森容疑者の顔写真は?

容疑者の顔画像はネットに公開されているのでしょうか。

こちらで調査したところ、容疑者の顔画像は
ネットに公開されておらず調査中になります。

ネットに公開され次第、加筆をさせていただきます。

事件現場は?

事件現場の自宅は一体
どこなのでしょうか?

現場の画像はこちらになります。

引用 TBS

画像はあるものの自宅周辺が
自然に囲まれており
他に特徴的な建物も見つからなかった
ため特定することができませんでした。

こちらも新しいことがわかり次第加筆させていただきます。

スポンサーリンク



殺人動機は『疲れた』

介護関連の殺人は『疲れた』という動機で
起こってしまうことも珍しくありません。

普通は介護疲れなどのストレスが重なって「殺したい…」と思う瞬間があっても、なんとか踏みとどまります。最悪の事態を招いてしまったケースでは、加害者はどんな心理状態に陥っていたのでしょうか。

日本福祉大学・湯原悦子准教授の調査によれば、事件を回避できなかった理由として、「認知症・寝たきりなどの被介護者の病気」「不眠や食欲不振など介護者の体調悪化」「世帯の経済的困窮」などがあると確認されています。ひとつずつであれば乗り越えられたかもしれませんが、困難が積み重なるとどこかでタガが外れることがあるのです。また、高齢であれば、先がそう長くないことを理由に「死」を選択しがちです。

引用 みんなの介護

介護している自分が体調や
経済的に困難になる理不尽に
耐えられないという感じでしょうか?

くどくて申し訳ありませんが
やはり国が重い腰をあげて対策しないと
この手の事件は減らないでしょう。

介護関連の殺人はどれくらい起こっているの?

警察庁の犯罪統計によれば、2007年から2014年までの8年間に「介護・看病疲れ」を動機として検挙された殺人は356件、自殺関与は15件、傷害致死は21件であった。また殺人ではないが、内閣府の自殺統計によれば、2007年から2015年の9年間に「介護・看病疲れ」を動機とした自殺者数は2,515人、そのうち年齢が60歳以上の者は1,506人で、全体の6割を占めている。統計がとられるようになってからまだ10年も経過していないが、この間に介護・看病疲れによる死亡がこれほどまで多く発生していることに驚かされる。

引用 nippon.com

僕自身もこれほどまでに多いとは
驚きを隠せません。

2015年までに自殺者の数も約2500件
も起こっているも悲しくなってしまいます。

自殺者も自分の体を満足に動かせず
家族や周りの人たちに迷惑をかけてる
劣等感からくるものなのでしょうか?

確かに自分がその立場になったら
メンタル的に病んでしまうのも
無理ないでしょう。

スポンサーリンク



まとめ

殺人にまで発展してしまう介護の闇。
介護をする人が増えないのも無理はありません。

このままだと減らない事件だと
感じますね。

スポンサーリンク




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク