新潟まつり2018の日程やアクセス、抑えておきたい宿泊や穴場情報も!

今回は新潟まつりを紹介します。
新潟まつりとは『大民謡流し』『住吉行列』『花火大会』など
様々なイベントが3日間にわたり開催されるお祭りです。

来年、新潟港の開港150周年ということもあることから
さらに新潟まつりに力が入っているように思えます。

そんな新潟まつりについて情報をまとめました。

新潟まつり日程やタイムスケジュール

日程 場所  時間 スケジュール
8月11日(土) 柾谷小路〜萬代橋・東大通 19:00~20:00 大民謡流し

8月12日(日)

柾谷小路・新潟中郵便局前 10:00~11:30 新潟キラキラパレード
新潟市内 10:00~17:00 各イベント参考
新潟市内 10:00~ 住吉行列
信濃川 12:40~13:30 水上みこし渡御
古町通8番町~白山神社 13:40~ 手作り子供みこし
新潟市内 14:20~ 住吉行列
古町通10番町~白山神社 16:00~ 市民みこし
新潟市内 10:00~13:00 住吉行列
新潟市内 10:00~16:00 様々なイベント
8月13日(月) 信濃川左岸 19:15~20:55 花火大会

スポンサーリンク



新潟まつりアクセス

柾谷小路〜萬代橋・東大通

柾谷小路・新潟中郵便局前 

万代シテイ会場

 

信濃川左岸 みなとぴあ上流付近

古町通8番町~白山神社

 

古町通10番町~白山神社

新潟まつりの魅力とは?行事一覧

・大民謡流し

約14,000人の参加者で盛り上がる大民謡流し

引用 新潟市 https://www.city.niigata.lg.jp/shisei/koho/kohoshi/shiho/
backnumber/h28/shiho160522/2_01.html

大民謡流しとは一言でいうとパレードです。
ですが参加人数の規模が半端ではなくその数1万人以上が参加するパレードです。
団体で参加されている方たちが衣装を統一し踊る姿はきれいであると同時に
迫力のある光景が楽しめます。

・住吉行列
住吉行列
引用 新潟まつり http://niigata-matsuri.com/event/day02/

新潟まつりの中で歴史が最も古いとされている住吉行列は
昔ながらの伝統ある衣装で新潟の街を歩き回るというものです。
ハロウィンじゃんとか言ってはいけません。

ただ街を歩くだけではなく太鼓の演奏をする万代太鼓やみこしを担ぐいなせなみこしなど
他にも予想できないものがたくさん登場します。
七福神が乗っている船を見た時は何でもありだなと思いました(笑)

新潟キラキラパレード
287
引用 livedoor
http://komedokoro-junmai.blog.jp/archives/1014895414.html

子供たちのブラスバンド演奏がメインのイベントとなっています。
大規模な祭りで演奏するという重大さもあることから演奏のレベルは
なかなか高いと感じました。

・水上みこし渡御
神輿の出航
引用 にいがた百景 
http://www.niigata-u.com/files/ngt2010e/100807a1.html

満艦飾という船のデザイナーが設計した船にみこしを乗せながら
信濃川を渡るという行事です。
川をふと見渡すと目に映る独特な光景が印象に残ります。

・市民みこし

引用 にいがた観光ナビ
https://www.niigata-kankou.or.jp/sys/data?page-id=1893

7つのみこしを約4千人で担ぐ市民みこしの迫力には圧倒されます。
7つのみこしに対して4千人と考えるとみこしの重さが想像できますよね。

クライマックスで薄暮の白山神社境内の宮入りに入ったとき、
みこしを担ぐ男性の掛け声はさらに迫力を増します。
・花火大会
引用 にいがた観光ナビ
https://www.niigata-kankou.or.jp/sys/data?page-id=2436

新潟まつり最終日に打ちあがる花火。
なんといっても圧巻の大型ワイドスターマイン「エボリューション」は
この花火大会の最大の見どころです。

下からも上空からも打ち上がる花火の嵐に大興奮です。
2018年の花火は来年の新潟港の開港150周年にむけて
いつも2日目に行われるまちなか音楽花火と合わせて打ちあがるので
過去最大規模の花火大会になるでしょう。

スポンサーリンク



新潟まつり交通規制

会場には車での来場は『不可』となっています。
なので電車やバスなどの公共交通機関を利用するしかありません。
交通規制情報はこちらからご覧ください。
引用 http://niigata-matsuri.com/pdf/2018/traffic.pdf

新潟祭り花火 オススメのホテル

・ホテル日航新潟

新潟市内でもかなり口コミの評判が高いホテルです。
客席が22階~29階になっていて、窓から信濃川や花火を見る絶景は
まさに最高の一言ではないでしょうか。

新潟駅前に無料のバスもあるのでアクセスも楽なもの好評価です。

新潟まつりまとめ
今回は新潟まつりについて紹介しました。
新潟港の開港150周年が追い風となって今年過去最高の盛り上がりになりそうです。
僕個人は花火がパワーアップすることもあり気になって仕方がありません。
是非観に行かれてはいかかでしょうか?

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする