長野市の小学校で自由研究に物議。コンクールは実在するの?

長野県長野市の小学校の自由研究の提出内容が
物議を醸し出しています。

スポンサーリンク



事件の概要

8月も下旬となり、すでに一部の地域では2学期が始まる時期になった。夏休みの自由研究も大詰めを迎えている。

そんななか、長野市内のある小学校の自由研究の発表体裁への違和感を綴った、母親のツイートがTwitterで話題を呼んでいる。

学校が児童に配布した資料=下写真によると、自由研究の専用の用紙をガムテープですだれのようにつなげる形で、発表内容をまとめていく。5枚の用紙をつなげて1列、6枚以上になる場合は、1列4枚にして1列目と2列目をひもでつなぐよう指示。「市内の小学校を巡回するときに利用するもの」として、てっぺんを薄い板で補強し、穴をあけるよう求めている。

この指示内容に、母親はTwitterで次のようにつぶやいた。

「画用紙みたいな規定の用紙に決められた形式でまとめないとダメ。(中略)自由研究なんだから何でもいいじゃん‥」

「工作とか手芸とかだって立派な自由研究なのに何が何でも紙にまとめさせるってどうなんだろう。できることの幅を大きく制限してるとしか思えない。貼り合わせて吊り下げ部分をつけて提出する形式に作り上げるのも実際親が手伝わないと無理だし」

引用 HUFFSPOT

騒動が大きくなった理由としては
『自由研究』とは名前だけでその表現方法を
用紙に留めてしまうことに疑問や不満を感じる方が多く見られます。

「市内の小学校を巡回するときに利用するもの」と記載されていることから
展示したときの見栄えに気を使っているように考えられます。

確かに専用の用紙を並べれば見栄えは良いのかもしれない。
しかし想像力豊かな子供の発想の枠を狭めてしまうようで
悲しい気持ちにもなります。

スポンサーリンク



昔から長野の小学校では専門の用紙を使っていたのか?

長野市教委はこう語っている。

「私が小学生だった30-40年前は模造紙でした。ここからは想像ですが、模造紙だと掲示の横幅がとられるし、ある程度統一した方が指導しやすいのでは」

引用 HUFFSPOT

この発言から用紙は必須で
昔から似た形で自由研究を行っているようです。

長野では毎年優秀な自由研究を評価をするための
コンクールがあるらしく、形態が統一されていたほうが
比較や評価がしやすいという意図がうかがえます。

恐らく長野では
自由研究は指定の用紙にまとめるのが当たり前で
今まで疑問にすら思っていなかった
可能性が高かったのではないでしょうか?

ですが今回他県から長野に在住し、子育てをしている母親から
この自由研究の体制に疑問を感じツイートしたことで
大きな話題になったようです。

実際にコンクールはあるのか?

気になったのでネットで検索をかけてみました。

ですが調べたところ、
全国を小学校を対象にしたコンクールは存在したものの
長野県に限定したような自由研究のコンクールは見つかりませんでした。

検索しても実態がわからないことも
今回の騒ぎの大きな原因の一つに挙げられてもよいのではないのかと
個人的には思います。

検索結果はこちら

こちら情報を随時募集しています。

スポンサーリンク



ネットの反応

かなり意見が分かれています。
『自由』という言葉をどうとらえるのも『自由』
今回の騒動に結論を出すには遠くなりそうですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク