樋田容疑者 日本一周旅行者になりきり逃走。キマりすぎて違和感なさすぎるww

樋田容疑者が日本一周旅行者として逃走していたことが
今朝判明しました。

スポンサーリンク



新着情報の概要

大阪府警富田林警察署から逃走し先月29日に山口県内で逮捕された容疑者は、愛媛県ではなく香川県観音寺市の道の駅でともに行動していた男と知り合っていたことがわかりました。

樋田淳也容疑者(30)は先月29日午後6時前、山口県周南市の道の駅で食料品を万引きしたとして現行犯逮捕されました。樋田容疑者は大阪で盗んだ白い自転車で逃走していて、ともに自転車で行動していた男(44)は当初、警察に対し、「3週間前、愛媛県内の道の駅で知り合った」と話していましたが、その後の調べで、実際は香川県観音寺市の道の駅だったことがわかりました。

樋田容疑者はその後、愛媛を経由して先月18日から26日まで山口県周防大島町の道の駅に滞在していたとみられています。先月28日には、山口県上関町の道の駅の防犯カメラに樋田容疑者とみられる男が弁当を万引きする様子が映っていました。翌朝には同じ男が店の外でテントを片づける姿も映っていました。

「(樋田容疑者は)日本一周をしていて会社は休職中でと(話していた)。上司の許可をもらって、一周が終われば復職すると」(道の駅の駅長)

警察は、樋田容疑者が万引きを繰り返し、野宿をしながら逃げていたとみています。

引用 YAHOOニュース

擁護するもの違うと思いますが
アイディアとしては良かったと思います。

この後紹介しますが
競輪選手のようなアウターを羽織っており
自転車で旅行していますと言われても
全く違和感がないのです。

逃走が上手な人は
格好も人格も変えれるようですね。

それはとても恐ろしいことです。

樋田容疑者のキマりすぎてる逃走時の格好とは!?

噂のキマりすぎてる恰好がこちらです

引用 YAHOOニュース

どうでしょうか

あまりにもスポーツマンシップに
溢れているようで爽やかな印象しか
残らないですよねww

樋田容疑者と初対面のだったとして
このルックスで話しかけられたことを
想像してみてください。

違和感ないですよねww

そして樋田容疑者が逃走に使っていた自転車がこちら

引用 YAHOOニュース

んー。自転車はイマイチカッコよくないですね。
競技用の自転車ではないようなのでこちらには違和感
がありますね。

コンパクトなので小回りは効きそうですね。

スポンサーリンク



樋田容疑者は気さくな人だった!?

店の従業員に気さくに話しかけ、記念撮影にも応じる。大阪府警富田林署から逃走し、9月30日に加重逃走容疑で逮捕された樋田(ひだ)淳也容疑者(30)は、自転車で日本一周を目指す旅行者に完全になりきっていた。そのあまりにも自然な振る舞いに、逮捕前の樋田容疑者に接した人たちは「まさか、逃走犯だったとは」と言葉を失った。

男は「いいですよ」と快諾し、額にかけていたサングラスで顔を隠すこともなく、カメラにポーズを取ってみせた。

この男が樋田容疑者だと岡崎さんが気付いたのは、逮捕後のこと。「とても気さくで、仲良くさせてもらっていた。逃走犯とは夢にも思わなかった」という。

樋田容疑者は、同行者の男(44)と26日ごろまでテントを張って滞在。「和歌山出身」と自己紹介し、道の駅が雨宿りのために倉庫を開放したお礼にと、草むしりをするなどして交流を深めた。

25日には、岡崎さんが用意した「自転車にて日本縦断中!」との日付入りのボードを手に記念撮影。岡崎さんが「道の駅に飾らせてほしい。君が第1号」と言うと無邪気に喜んでいた。

引用 YAHOOニュース

スポンサーリンク



撮影に気さくに応じたり
お礼に草むしりを手伝ったりなど
ただのいい人にしか見えないですね。

逆に堂々としているからこそ
長い期間逃走に成功していたのかもしれません。

しかし岡崎さんは相当ショックだったでしょう。
同情します…。

樋田容疑者はいじめられていた。

同じ刑務所に服役した男性らによると、樋田容疑者は読書が趣味で、漫画やサスペンス小説を読みふけっていた。クラブやカフェなどの経営が夢で、「成功して、大阪のタワーマンションに住みたい」と周囲に語っていた。一方で、別の受刑者から食事を奪われるなどのいじめを受けていたこともあるという。

引用 東洋経済

もしかしたら根はいい人なのかも。
いえ、そんなことは恐らくないでしょう。

悪いことをしてきたのだから自分に帰ってくるのは
当然のことと言えますよね。

今回でもう犯罪は犯してほしくないですね。
しっかり反省してください。

ネットの反応

スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク