夏休み明け 学校行きたくない 『僕はいいと思う』

今回のニュースについて

夏休み明け前後に子どもの自殺が急増する。「9月1日問題」「夏休み明け自殺」などとも呼ばれ、社会問題と認識されるようになった。「勉強がつらい」「友人関係が不安」「先生に会いたくない」……。新学期が近づくことをストレスに感じ、追いつめられてしまう子どもたち。最悪の事態を防ぐにはどうすればいいのだろうか。

引用 YAHOOニュース

この時期になると毎年このニュースが報道されている気がします。
というのも子供がいじめが原因で自殺してしまったことがきっかけで
敏感に報道されているように感じます。

スポンサーリンク



どのくらいの子供が同じことを思っているのだろうか

8月下旬~9月上旬が危険

 自殺総合対策推進センターは今年8月、2006年度から15年度までの10年間に自殺した小・中・高校の児童生徒3209人の死亡時期について、8月下旬が153人と最も多く、9月上旬122人、4月中旬108人と続くと発表しました。

「夏休み明け自殺」の認識が広がったのは、内閣府が「自殺対策白書」を発表した2015年です。これによると、1972~2013年の18歳以下の自殺者数について、多くの地域で9月1日前後が最多だったとし、「休み明け直後は大きなプレッシャーや精神的動揺が生じやすい」と指摘しています。

「夏休み明け」はストレス

 自殺の多くは、解決すべき課題を抱え、それがストレスで憂うつな気分になり、行動に移すというプロセスで起こります。

「勉強したくない」 「嫌いな先生がいる」「いじめっ子に会いたくない」

子どもたちは、新学期を迎えるにあたって、こんなふうにさまざまな不安や課題を抱え、気持ちを切り替えたり、心の準備をしたりします。夏休みでしばらくストレスのなかった弛緩(しかん)した状態から、ストレスを抱える時期に入る境目は特にプレッシャーがかかります。

だから、「夏休み明け」前後のこの時期、生活スタイルに大きな変化を迎える子どもたちが落ち込んだり、ふさぎ込んだりするのは、当たり前の反応とも言えます。

引用 YAHOOニュース

確かに少ない人生経験でこのストレスを
うまく処理しろというのは無理があると思います。

大人でさえ嫌な人と毎日顔合わせるのは嫌なことですが
生きていくためにそれは仕方ないことだと
受け入れるしかないときもあるでしょう。

大人ならある程度割り切ることはできるでしょうが
子供には無理がある話でしょう。

なぜなら、子供は学校という世界が人生の全てに見えるからです

スポンサーリンク



学校には行かなくてもいいんじゃないか?

学校の校舎イラスト(夏)

子供が人生経験の豊富な大人と同じ要領で物事をとらえるのは
とても無理がありますよね。

大人であれば今の職場が嫌なのであれば転職したり辞めてしまったり
など様々な選択肢を考えることができます。

ですが子供はどうでしょう。
大人と同じように別の道について考えることはできるでしょうか。

恐らくできない可能性の方が大きいでしょう。

なので大人は子供には

『学校には無理に行く必要はない。別に自分の居場所を作ればよい』

と言ってあげればよいと思います。

人生にはいくつも選択肢がある。
学校もその1つだと子供に伝えてあげればよいと思います。

自分の好きなことは何でしょう。
絵を描くことでしょうか、ゲームをすることでしょうか、
習い事でしょうか。

なんでもいいんです。自分の好きな世界で新しい居場所を作ればいいんです。
もし『そんなものない』と思っているのであれば
学校には行かずに好きなものを見つける時間にあててしまう、
なんていうことも場合によってはありかもしれません。

筆者もいじめれらた経験があります。
昔の自分にそう言ってあげたいです。

今回のまとめ

結論は、学校以外に自分の居場所を作ることが
子供の精神的不安を取り除くことができると考えています。

子供自らが探すことができればよいですが
なかなか一人ではうまいことはいきません。

なので大人が手を差し伸べてあげる。
もっと別の世界があることを教えてあげる。

そうすることで救われる子供も増えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク