体育祭で低体温症により20人以上倒れる。高校特定!?教師人の指示が酷いと話題に。

高校の体育祭で低体温症により20人以上倒れるという珍しい事件が発生しました。

事件の概要

8日午後0時45分ごろ、福岡市早良区有田3丁目の福岡県立福岡講倫館高校で「体育大会中に気分が悪いという生徒がいる」と消防に通報があった。

県警西署などによると、同校では雨が降る中で体育大会が行われており、競技中に20人以上が相次いで倒れたという。低体温症の疑いがあるという。

福岡管区気象台によると、同日正午の福岡市の気温は21・9度で、平年値を大きく下回っていた。小雨も降っていた。

引用 朝日新聞

気温の低い日でも大人数が体調不良を発生することがあるのは
筆者も驚きを隠せません。

今回の事件をきっかけに教育委員会は体育祭の開催について
厳しい規制をかけていくのでしょうか?

コメントが待たれます。

スポンサーリンク



低体温症ってなに?

低体温症(ていたいおんしょう、Hypothermia ハイポサーミア)とは、恒温動物の深部体温(中核体温)が、正常な生体活動の維持に必要な水準を下回ったときに生じる様々な症状の総称。 ヒトでは、直腸温が35℃以下に低下した場合に低体温症と診断される。 また、低体温症による死を凍死(とうし)と呼ぶ。

  • 筋肉代謝系
    • 軽度低体温では骨格筋は戦慄(シバリング)する
    • 中等度低体温では戦慄は消失
    • 高度低体温では筋は硬直する
  • 神経系
    • 感情鈍磨から昏睡状態へ
  • 呼吸系
    • 頻呼吸から徐呼吸・呼吸停止へ
  • 循環系
    • 頻脈から徐脈・心停止へといずれも抑制的に働く。18℃で心停止に至る。

引用 Wikipedia

恐らく運動後の汗と気温の低さが関係し今回のような事件に
発展したのではないかと思われます。

ジャージを着るなどの体温管理をすればここまでひどいことには
ならなかったのではないかと思われます。

学校側の管理姿勢にも疑問を感じます。

現場から悲痛な叫び

やはり教師陣の対応や運営判断に問題があったと考えられます。

現在メディアからの取材を受けるので精一杯なのでしょうか。
学校側のコメントを待ちましょう。

スポンサーリンク



事件現場の学校は?

今回の事件が発生した高校は

福岡講倫館高校というところのようです。

「福岡講倫館高校」の画像検索結果

引用 スタディビア

ネットの反応

スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク