岸和田だんじり祭2018年の日程や交通規制、やりまわしってなに?

今回は西日本で激しいお祭りと話題の
岸和田だんじり祭を紹介します。

男性の活気あふれた掛け声と
約4トンの重さがあるだんじりが駆け抜ける大迫力の方向転換「やりまわし」
が特徴です。

2018年岸和田だんじり祭の日程について

今年の岸和田だんじり祭の日程が出ました!
下記日程で何があるか下記にまとめておきました。
【日程】 9月祭礼
9月9日(日) 14時~16時 試験曳き
9月14日(金) 14時~16時 試験曳き
9月15日(土) 6時~22時 宵宮
9月16日(日) 9時~22時 本宮
【日程】 10月祭礼
9月30日(日) 13時~17時 試験曳き
10月6日(土) 6時~22時 宵宮
10月7日(日) 7時~22時 本宮

岸和田だんじり祭開催場所

岸和田だんじり祭の会場は、南海線の岸和田駅と春木駅周辺です。
春木駅周辺

岸和田だんじり祭アクセス

電車の場合、最寄り駅は南海電車の岸和田駅です。

岸和田だんじり祭りの交通情報

個人的にはあまり車で行くことはオススメしません。
開催場所の岸和田駅周辺では特に交通規制が激しいので駐車が困難です。

・だんじり祭り期間中終日通行止め:大阪臨海線
・車両通行禁止区域内で通行できる道路:堺阪南線
・通行規制なし:国道26号

このあたりが交通規制になります。

お祭りが終わって会場を出るのに一時間以上かかった人も過去に大勢います。
なので上記の場所には止めることはあまりオススメしません。
スポンサーリンク



だんじり祭とは

岸和田だんじり祭
引用 チケットぴあ
https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventBundleCd=b1769803
だんじり祭りは西日本で開催されているお祭りで
だんじりは写真で掲げられている山車や太鼓台などを指します。

そんなだんじり祭りの中でも特に激しいのが
岸和田だんじり祭なんです。

岸和田だんじり祭は9月と10月に行われています。
テレビで様子を見かけたことがあるかと思いますが
基本的に9月におこなわれている様子が放送されています。

・だんじりについて
下だんじり
引用 正太鼓正
http://www.taikomasa.co.jp/products/futon.php
お祭りに使われる山車のことを大阪ではだんじりと呼んでいます。
屋根がついた屋台と言われるものを下に車輪をつけて中に笛や太鼓を
叩く人を乗せ町中を大迫力で駆けます。

だんじり祭は米や麦、豆、あわやひえなどの5つの穀物がたくさん取れるように(五穀豊穣)祈願し、行った稲荷祭がその始まりと伝えられています。
収穫を願うお祭りとして始まったので開催は毎年夏から秋にかけて行われます。

だんじり祭りの歴史

約300年の歴史と伝統を誇る「岸和田だんじり祭」は、元禄16年(1703年)、時の岸和田藩主岡部長泰(おかべながやす)公が、京都伏見稲荷を城内三の丸に勧請し、米や麦、豆、あわやひえなどの5つの穀物がたくさん取れるように(五穀豊穣)祈願し、行った稲荷祭がその始まりと伝えられています。
当初の祭礼は、「にわか」や狂言などの芸事を演じ、その後に三の丸神社、岸城神社へ参拝したようである。
引用 岸和田だんじり祭りhttps://www.city.kishiwada.osaka.jp/site/danjiri/rekishi.html

補足すると、ここでいう『にわか』とはだんじりの上で行われる芝居のことを指します。
知識が乏しい人のことをさすにわかではないのでその点は注意しましょう。

だんじり祭りでよく聞く『やりまわし』とは?

『やりまわし』とは決められたコースを何週も勢いよく回ることを指します。
人力ジェットコースターとも言えるくらい乗っているほうも
見ているほうもスリルや迫力があります。

周りとの息が合っていないときれいに回ることができないのでこの
『やりまわし』が腕の見せ所でありだんじり祭りの見どころでもあります。

スポンサーリンク



やりまわしを最大限楽しむ方法とは?

最大限の迫力を安全に最大にというコンセプトから座敷席が毎年販売されています。

こちらからチケットの詳細をご確認ください!

岸和田だんじり祭りの穴場スポット!?

・磯上町周辺

地元の方たちがだんじりが行われたときの安全な過ごし方を心得ているので
その動きに倣うのが安全です。
出店も少なく祭りというところにおいては雰囲気にかけてしまうかもしれませんが
その分混雑も少ないので快適に見ることができます。

・岸和田駅周辺の商店街

建物が多いせいかここは掛け声が反射して迫力がより一層楽しめる
場所になっています。
アーケード構造になっているため雨も避けることができますし、
飲食もバリエーション多く楽しめるので抑えて間違えない場所だと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする