青森の飲酒運転、何故「酒気帯び夫婦」と誹謗中傷されたのが夫婦なのか検証しました

今朝青森で飲酒運転していた車が
130キロで突っ込んできて4人が死亡した
という悲しい事件が発生しました。

スポンサーリンク



事件の概要

青森県つがる市の国道101号で9月、車4台が絡み4人が死亡した事故で、4台のうち1台の乗用車が飲酒運転の上に時速約130キロで暴走し、他の車に次々にぶつかったとみられることが、捜査関係者への取材でわかった。

乗用車に追突された軽乗用車は道路脇の柵にぶつかって横転し、乗っていた広船淳(じゅん)さん(43)と妻の愛莉さん(30)が死亡。正面衝突された軽乗用車は道路脇の田んぼにはじき飛ばされた。代行運転手の山田春治(はるじ)さん(63)と、客の山田久美子さん(46)が乗っていたがともに死亡した。

山田春治さんの後方には運転代行の同僚の50代男性の軽乗用車が追走していたが、衝突されたはずみで対向車線に飛び出す形になった広船さんの軽乗用車と衝突。男性も軽傷を負った。

最初に追突した乗用車には30代の男性3人が乗っていた。関係者によると、3人は小中学校の同級生で、前日から運転者の自宅でバーベキューをして飲酒。さらに酒を飲もうと別の場所に移動する際に事故を起こしたという。運転者を含む2人が胸などを骨折する重傷、残りの同乗者1人は軽傷を負った。同乗者は朝日新聞の取材に「酔っていて覚えていない」と話した。

引用 朝日新聞

何もかもめちゃくちゃすぎるし
事故の結果の全てが悲しすぎます。

個人的に飲酒運転はすごく嫌いです。
自分の欲に負けた結果、人様に笑えない
迷惑をかける結果が多いからです。

加害者、被害者はもちろん
道路を利用している人にも
大きな迷惑をかけます。

一生単位で恨まれることも
珍しくありません。

なので飲酒運転は
許されることでは
ないと思っています。

しかし誹謗中傷されたのは死亡した夫婦の方?

青森県つがる市の国道101号で車4台が絡んで4人が死亡した多重事故をめぐっては、事故で亡くなった夫婦の軽乗用車が飲酒運転をしていたかのような情報が、インターネット上で出回り、関係者は心を痛めていた。後方から来た乗用車が飲酒の上「暴走」してきたことが事故原因との見方が強まり、ネット上の書き込みに傷つき続けてきた遺族や友人たちは憤りを募らせている。

引用 YAHOOニュース 

これは多くの人が概要を見て
情報の受け取り方を間違えてしまった
ということでしょうか?

自分も事件の概要をもう一度見返して
みたのですがどこも夫婦が飲酒運転を
匂わせた文章はどこにもありませんよね?

「酒気帯び夫婦」と誹謗中傷を
受けていたようなのですが

本当にそのような罵声が
ネット上に飛び交っていたのでしょうか?

実際にどれだけ叩かれていたのか

Google検索 酒気帯び夫婦

Twitter検索 酒気帯び夫婦

調べてみたところ
そのような書き込みは
2018年10月22日12時44分現在
見受けられることはありませんでした

もしかしたら皆さんが誤解したことを
反省して削除したのかもしれません。

そうであればよいことだと思います。

スポンサーリンク



何故誤解を与えるような文章を朝日新聞が解説

ネット上では、「酒気帯び夫婦」など、淳さんと愛莉さんを中傷する書き込みが相次いだ。その一因とみられるのが、地元民放の9月下旬の一部報道。「最初に衝突したとみられる2台の軽乗用車のどちらかの運転手が、酒気帯びだった可能性がある」と報じたものだ。

事故当時、4台は2台ずつ対向して走っていたが、それぞれの先頭を走っていたのが、淳さんが運転する軽乗用車と、山田春治さん(63)=死亡=が運転する軽乗用車だった。山田春治さんは代行運転の業務中で、飲酒していたとは考えにくいことから、飲酒運転していたのは淳さんだったとの臆測を呼んだとみられる。

引用 朝日新聞

太字にもあるように

最初に衝突したとみられる2台の軽乗用車のどちらかの運転手が、
酒気帯びだった可能性がある

・山田春治さんは代行運転の業務中で、飲酒していたとは考えにくいことから、
飲酒運転していたのは淳さんだったとの臆測を呼んだとみられる。

この2つが原因のようですね。

特に代行運転=飲酒運転をしていないという
偏見が生んだ結果にも思えます。

ですが山田さんが飲酒運転をしている
可能性が低いからもう片方の淳さんが
飲酒運転をしているよね!?

って話にもならないと思います。

インターネットは拡散も非常に早いので
嘘だろうが信実だろうが一度広まってしまうと
収拾をつけるのは難しいです。

難しいからこそ
皆が気を付けられるとよいですよね。

そう思いました。

スポンサーリンク



ネットの反応

スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク