樋田淳也容疑者が逃走!今被告はどこへ?

事件の概要

8月12日午後7時、大阪府富田市で犯人逃走事件です。

12日夜、大阪府警富田林署で、留置中の30歳の男が逃走した。男は今も見つかっておらず、警察が行方を追っている。

逃走しているのは、窃盗・強盗致傷などの罪で起訴され、今月8日、別の容疑で再逮捕された樋田淳也容疑者。

大阪府警によると、樋田容疑者は12日午後7時半ごろから富田林署2階の面会室で弁護士と接見していたが、弁護士が退出した後に面会室から逃走したとみられている。

接見が長いことを不審に思った警察官が午後9時40分すぎに部屋を確認したところ、樋田容疑者がいなくなっていて、面会室のアクリル板が10センチほど押し破られていたという。

樋田容疑者は、身長163センチで中肉中背、黒色の長髪、黒色の長そでジャージーに、灰色のスエットズボン姿だったということで、警察が行方を追っている。

引用 日テレNEWS24時

今回再逮捕となった樋田淳也容疑者。前科を持っている容疑者にもかかわらず
なぜ対応を手薄にしたのか疑問があります。

スポンサーリンク



被告者のプロフィール

氏名 樋田淳也(ひだ・じゅんや)

年齢 30歳

身長 約163センチ

体型 標準体型

服装など:黒い長袖のジャージ、灰色のスエットズボンを着用。髪は黒の長髪で、センター分け。左腕に手術痕があり、左ふくらはぎには動物の入れ墨。

顔写真

「樋田淳也」の画像検索結果

引用 Archive

樋田被告はどうやって逃走したのでしょうか?

逃走経路について

 府警によると、午後7時半から弁護士が接見していた。署員の立ち会いは不要で、接見後に逃走した可能性がある。いつ接見が終わったかは分かっておらず、弁護士はそのまま帰っていたという。弁護士以外の接見時間には隣の部屋に署員が常駐しているが、当時は誰もいなかった。

接見室の面会者と隔てるアクリル板が押し破られ、金属製の縁との間に約10センチの隙間が空いていた。

引用 日経

弁護士に対応させていたことで完全に慢心してしまったみたいですね。

押し破られていたということは自力で脱出したのか、設備の脆さに付け込んだのか
もしかしたらなにか武器を所持している可能性も捨てきれません。

先程接見室のブザー音を逃走前に切っていたという情報が入りました

被告の前科が多すぎる…。

樋田淳也被告は上記にも記載した通り今回に限りません。
今年5月だけでも経歴がこれくらいあります。

5月2日 放火

5月5日 傷害

5月24日 女性のカバンをひったくり

5月25日 女性に性的暴行

5月25日 バイクを窃盗

5月  女性に性的暴行(5月25日の女性と別件)

いくらなんでも多すぎます…。
これだけ凶悪な被告が逃走したとなると
全国で騒ぎになるのも不思議ではありません。

スポンサーリンク



ネットの反応

やはり警察の対応や逃走への恐怖を感じている意見が多かったです。
また新しい情報が出次第随時更新します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク